ふぐの白子

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

数あるお魚の中でも味、人気、そしてお値段も
常にトップクラスに位置するのが
「ふぐ」。
いつか薄造りを一気に食べたい、
そんな方も多いのではないでしょうか(笑)

本日ご紹介するのは、そのふぐの部位の中でも
人気の高い「白子」。

部位でいうと精巣となりますが、
ふぐはご存知の通り猛毒を持つことで有名。
ふぐの種類によって毒を持つ部位は違いますが、
白子は毒を持っている種類が少なく、
また濃厚で芳醇なうま味を持っていることから
食用としても重宝されています。

白子焼きなどの焼き物や、汁物、鍋物にも良く合いますが、
白子のてんぷらもとてもおいしいですね。

天つゆもいいですし、シンプルに塩だけでもおいしいですね。
サクサクな衣と、濃厚でクリーミーな白子の
相性はまさに絶品!
白子といえば、やっぱりてんぷらをおすすめします!

寿司居酒屋縁 荒本本店
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

オコゼのうんちく

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

みなさまもご存じの「オコゼ」という魚、
なんといってもあの見た目が一番の特徴ですが、
オコゼの旬は春を過ぎてから、
夏が旬と言われています。

1年を通して獲れる魚ではありますが、
つまり一番おいしいのは今の時期ということ!

刺身も美味しいですし、煮付けや唐揚げも
とってもおすすめの食べ方ですね。

このオコゼ、一般的に食用とされているのが
「鬼おこぜ」という種類なんですが、
その名の通り、鬼を思わせるような風貌。

でもその見た目に反して、味は淡白で上品。
色々なお料理のも合う魚です。
「冬のふぐ、夏のおこぜ」とまで言われるほど!

なかなかご家庭で捌くことは無いと思いますが、
ひとつだけ注意したいのが、背びれにある毒。
刺されると激しい痛みがあるので注意してください。

見た目に反してとってもおいしいオコゼ、
機会があればぜひこの時期に召し上がってみてはいかがでしょうか。

寿司居酒屋縁 荒本本店
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

魚のアラに関するうんちく

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本本店です。

寿司屋の汁物として大定番なのが
「魚のアラ汁」。
出汁がしっかり出たアラ汁、お食事にも良く合いますよね。
たまに大きい身がついていたらちょっと得した気分になったり(笑)

ところでこの「アラ」。
特に特定の部位を指すものではなく、
頭や中骨、しっぽ、ヒレや内臓など
食べられるけど余ってしまう部分の総称なんです。

例えば頭だけだと「カマ」と呼びますが、
それ以外の部位も全部含めて「アラ」なんですね。

アラ汁の他にも、煮付けにしたアラ炊きも美味。

まら、スーパーなどでは普通の切り身に比べて
アラをまとめてお手頃価格で買えることが多いのも
うれしいですね。

うま味もしっかり詰まった魚のアラ。
お手頃でおいしくて、おすすめです!

寿司居酒屋縁 荒本本店
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

歌舞伎の演目に由来するすし

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

寿司は日本の伝統的な食文化と言えますが、
芸能での伝統的な文化といえば「歌舞伎」。

実はこの歌舞伎と寿司、いろいろなつながりを持っていて、
例えば歌舞伎の演目に由来、というものもあります。

「弥助」という言葉は寿司屋のことを指す符丁なのですが、
この屋号の元となったのが
源氏と平家の合戦の中の登場人物、平維盛という人物。

歌舞伎の演目「義経千本桜」の中の寿司屋の段で知られる弥助、
これが平維盛の改名したあとの名前なんです。

これから「弥助=寿司屋」ということになったんです。

他にも有名な「助六寿司」。
これも歌舞伎の演目から来ており、主人公の名前が
そのまま寿司の名前になっています。

どちらも昔から続く日本の伝統的文化。
つながりがあるのも納得ですね。

縁 荒本店
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

夏バテには寿司が効く!

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

いよいよ暑さも本格的になってきましたね。
夏になると食欲もなくなってぐったり・・・、
こんな夏バテの経験はありませんか?

食欲がないからといっても、
やっぱりごはんはとっても大事。
夏バテ対策のごはんは色々とありますが、
お寿司も夏バテに効く、ということはご存知でしょうか。

まずネタであるお魚。
良質なタンパク質が豊富に含まれています。
この生の酵素がからだの中で消化・吸収の手助けをしてくれます。

そしてシャリ。
酢の効果で食欲増進、また糖の吸収を穏やかにもしてくれます。

お寿司は一口サイズで食べやすいということもありますね。

夏バテの季節だからこそ、お寿司はおすすめ!
当店の絶品お寿司を召し上がって、
で元気に夏を乗り切りましょう!

縁 荒本店
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

7月が旬の魚は・・・?その2

②7月が旬の魚は・・・?その2

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

本日も7月が旬のお魚をご紹介したいと思います。

・かわはぎ
1年を通してとれる魚ですが、
6月頃からのかわはぎは子持ちとなるため、
夏が旬と言われています。
味はきわめて淡白な白身魚。
でもその分クセもなくあっさりと食べることができますね。
そして肝も美味。
お刺身は肝を醤油に溶かした肝醤油で食べると絶品です。

他の調理方としては、焼いてもいいですし、
一夜干しにするのも風味がでて美味しいです。

もちろんお寿司のネタとしても
おいしく召し上がっていただけます。
でも鮮度が落ちやすい魚なので、
新鮮なうちに美味しく食べたいですね。

お魚はおいしくて栄養もたっぷり!
海に囲まれた日本では四季折々、地域によって様々な
旬の魚が楽しめるのも魅力です。
おいしいお魚、これからもどんどん食べましょう!

寿司居酒屋縁 荒本店
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

7月が旬の魚は・・・?その1

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

みなさんは夏バテなどは大丈夫ですか?
これからの時期、もっと暑くなりますので
気をつけたいですね。

その夏バテなどにおすすめなのがお魚!
上質なタンパク質を多く含んでいるので、
元気の源になってくれます!

本日は7月が旬の魚介類をご紹介しますので、
旬のお魚でおいしく夏を乗り切ってはいかがでしょうか。

・うなぎ
やっぱり言えばうなぎ。土用の丑の日ですね。
でも実はこの時期のうなぎは養殖がほとんど。
なので人工的な旬、とも言えますね。
とはいってもうなぎには
夏バテ予防に良いといわれるビタミン類がとっても豊富。
夏に食べるのがとってもおすすめなんです。

蒲焼きはもちろん、お寿司のネタとしても人気ですね。

今年の夏もどうやら暑くなりそうです。
うなぎでスタミナをつけて、
夏バテ予防に役立てましょう!

縁 荒本本店
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

お寿司の握り方の種類

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

職人さんが素早い動きでパパッとお寿司を握る姿を見ると
なんだかちょっと簡単そうに見えますね。

でもその握り方にも、実は色々な種類があるんです。

代表的なものとして、「手返し」「たて返し」「こて返し」。
寿司の位置を変えるやり方によって呼び方が変わってきます。

・手返し
寿司を転がして右手にとって返す

・たて返し
タネが↓の寿司を、縦に返して上にする

・こて返し
小手先(片手のみ)で寿司を返す

職人さんによってこの中でも使う握り方は
様々だと思います。
ただどの握り方も、鮮度や味の落ちやすいお寿司を
おいしく食べてもらうために伝わってきた握り方。

お寿司屋さん、とくにカウンター席などに座ったときは
職人さんの手の動きに注目してみてはいかがでしょうか。

縁 荒本本店
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

魚にちなんだ相撲の決まり手とは・・・?

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

日本人にとっても馴染み深いお魚「サバ」。
お寿司でも鯖寿司は定番の人気ですね。
他にも〆さば、塩焼き、味噌煮・・・、
本当に日本人はサバが好きだと思います。

そしてこれまた日本の伝統文化「相撲」。
最近ではまたすごい盛り上がりを見せていますね。

相撲では、サバにちなんだ決まり手があります。
それは「サバ折り」。
あまり見る機会のない決まり手ではありますが、
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

もともとは「腰くじき」「胴つき」などと呼ばれていましたが、
大正時代ころからサバ折りと呼ばれるようになったそうです。

由来は単純、サバの骨はとても折れやすいことから、
背骨や腰を締め付けるこの技のことをこう呼んだのです。

どちらも日本を代表する文化。
まだまだ共通点はあるかもしれませんね。

当店でも季節によってサバ料理のご用意も。
その際はぜひお召し上がりくださいね!

縁 荒本本店
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/

数にも業界用語が!

こんにちは!
寿司居酒屋 縁 荒本店です。

お寿司屋さんに行くと、たまに聞きなれないような
言葉を耳にすることがあります。

例えば「ピン」「ナミダ」など。
実はこういったものはお寿司屋さんの専門用語(符牒)
として使われているのです。

お寿司屋さんでは数を数えるときの専門語用語もあります。
そこで今日はお寿司屋さんの数の数え方を少しご紹介したいと思います。

・「1」→ピン
ポルトガル語で「点」を意味する「ピンタ」から
・「2」→ノの字
ノの字点「〃」、チョンチョンとふたつ点を書くことから
・「3」→ゲタ
ゲタの鼻緒を止める穴が「3つ」の事から

また、「0」のことを「やま」といいますが
これは寿司屋には海のものはあっても山のものが無いことから、
品切れの時などに使われます。

こうしてみるとお寿司って本当に日本独特の文化なんですね。
より一層お寿司に親しんでいただければと思います。

縁 荒本本店
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27078683/